イタリア-ミラノ在住のフリーライター "佐武 辰之佑"のブログ
イタリア-ミラノ在住のフリーライター "佐武 辰之佑"のブログ
プロフィール

佐武 辰之佑(さたけ たつのすけ)

Author:佐武 辰之佑(さたけ たつのすけ)
1976年生まれ。富山県高岡市出身。小説家、フリーライター、フォトグラファー。
大学卒業後、各国を放浪しながら執筆活動を続ける。オーストラリアをバイクで4万キロの旅をし、その後アジア、ヨーロッパを回る。2007年よりミラノ在住。イタリア・ミラノのガイド・観光情報サイト「アーモミラノ」責任者。取材、コーディネート、通訳兼アテンドなども承っています。

公式HP
アーモミラノ(ミラノ情報サイト)
本ブログ、サイトともフリーリンクです。



E-mail:tatsunon314159@yahoo.co.jp
twitter:@tatsupao



ミラノ現地情報満載「アーモミラノ」



最新記事



出版書籍kindle版(小説)



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア

ジモモ ミラノ



QRコード

QRコード



バローロのワイナリー、エリオ・アルターレ「Elio Altare」とバローロボーイズについて

 今回はバローロの有名ワイナリーエリオアルターレ(Elio Altare)の紹介。知名度の高いワイナリーなので、イタリアワイン通の人は知っている方も多いのではないでしょうか。
[続きを読む]

ミラノ市内の交通規制「Area C」改正

 このところのミラノは日中はバイクにも乗れるほど気温が上がってきて、少しずつ春の訪れを感じるような気候になってきました。

 今週よりミラノ市内の規制が変更となり、Area Cと呼ばれる市内の交通規制がより厳しくなりました。
 このArea Cというのはミラノ市内のさらに中心部付近を一体のエリアとしてArea Cと呼び、このゾーンに入るのには通行料を支払わなくてはいけないというものです。早朝や夜間、週末は規制がないのですが、平日の日中は中心地へゆくには有料という制度です。約3年前からもこの制度はあったのですが、今回の改正によりディーゼル車の通行がかなり厳しくなり、ユーロ5以上の車でないと通行ができなくなりました。現在販売しはじめたディーゼル車の中にはユーロ6に相当するものもあるのですが、ユーロ5の規定が定着したのが2011年。それ以前のユーロ4以下は通行が禁止ということになりました。
 イタリアではガソリンの値段が高く1リットルあたり180円―190円程度(1ユーロ=120計算)。車体価格は高くても燃費が良く単価も安いディーゼル(160円ほど)の普及率は50%ほどと言われています。電気自動車やハイブリッド車にはArea C規制はありませんが、イタリアではタクシーを除くと一般的にはまだまだ普及していません。
 ミラノ市としては市内のスモッグの軽減、渋滞緩和という理由を挙げています。しかしこの制度を導入して3年間市のスモッグは以前とほぼ変わりなく、それにエリア外の渋滞がさらにひどくなることから、ほとんど効果がないとも言われていますが、この制度が市の財源になっているのも事実のようです。
 今週は市のインフォメーションに何度も電話をしましたがなかなか繋がらず、今後フィールターなどを装着すると市内に通行ができるようになるのか知り合いの車屋に聞いてもあまりまだ詳しいことを知りませんでした。また今後規制が変わるかもしれないから様子をみたほうがいいと言われましたが、日本というのは何かリスクを予想をしながら物事を進めてゆくような考え方が一般的ですが、こちらイタリアではまず行動して、その後問題が浮上してくるとそれに対応するというほうが一般的です。

フランシスコ・デ・ゴヤの絵を模写する老婆
STK_9292 - Copia
 ブログ頻繁に更新をすると言っておきながら、三日坊主だと言われるのがしゃくなのでたまにはエッセイを書いてみようと思います。

 ミラノでは年末年始ごろからかなり風邪が流行っていて、自分は大丈夫だったと気を許した途端、どこかに溜まったガスが音をたてて卵から生まれ出るように熱をだして数日寝込んでいました。
 というのは、単なる言い訳。
 
 上の写真は「フランシスコ・デ・ゴヤの絵を模写する老婆」です。
「温故知新」という言葉がありますが、、コピーをすることによって何か新しい発見をする。それも切り取り、貼り付け、ではなく本物が作った同じやり方で正確に模写することに意味がある。自分が忘れていた何か、欠けている何かに、気が付くということ。
 他の動物にできなくて、人間に許された行為のひとつに「祈り」というものがある。それを神聖なものと捉えることも可能だし、それが人という動物に与えられた崇高さかもしれない。
 高い高い山の頂上をいくら眺めていたところで、いつか頂上にたどり着くわけではない。足元をじっと見て、現状に汚れた足をコツコツ踏み出すしかない。
 自らを鏡のように透明にして、反射する世界を盗み取る。それを支えるのは月並みな「好奇心」と呼ばれるもので、せっかく模写するのなら、まずはそれがいかに素晴らしいものなのかを認識するのが先決なのかもしれない。しかしそんなことを考えていてもいつまで経ってもオリジナルになれないというジレンマを抱えることになる。
 でも気が付いたらこの写真の老婆のように、誰かがそれを見ているかもしれない。オリジナルとは自分がなるものではなく、他人が認める自分なのだ。結局人間とはコピーの継ぎはぎされた集合であり、この模写という影絵遊びはずっと続くのかもしれない。
 寒い冬の光のなか、まだ熱にぼんやりした頭でそんなことを考えた。

ミラノ近郊・アウトレットでの買い物

 今年の冬のミラノはまだ積雪もなく、比較的晴天に恵まれた日々が続いています。
イタリアでは1月と7月はバーゲンの時期。ミラノ中心地の高級店では1-2週間でバーゲンが終わってしまいますが、お店によっては2月終わりごろまでバーゲンが続くところもあります。
 先日またミラノ郊外のセッラヴァッレアウトレットへ行ってきました。アウトレット価格よりさらにバーゲン価格になるアウトレットはショッピング好きにはたまらないものです。
 ここのアウトレットは最近拡張工事が終わったようで店舗が増え、ここと比較されるスイス国境にあるフォックスタウンアウトレットには去年の秋から税金の関係などでイタリア有名メーカーのプラダがなくなってしまったのでちょっと差がついてきたような印象です。
[続きを読む]

パルマのレストラン「trattoria del tribunale」

先日友人たちとエミリアロマーニャ州のパルマに行ってきました。
パルマと言えば言わずと知れた生ハムが有名ですね。今回はパルマの歴史地区にあるtrattoria del tribunaleを訪れました。こちらのお店は地元の人でいつも混みあい、平日のランチに訪れましたが席がなくて帰ってゆく人も見かけました。
[続きを読む]