イタリア-ミラノ在住のフリーライター "佐武 辰之佑"のブログ
イタリア-ミラノ在住のフリーライター "佐武 辰之佑"のブログ
プロフィール

佐武 辰之佑(さたけ たつのすけ)

Author:佐武 辰之佑(さたけ たつのすけ)
1976年生まれ。富山県高岡市出身。小説家、フリーライター、フォトグラファー。
大学卒業後、各国を放浪しながら執筆活動を続ける。オーストラリアをバイクで4万キロの旅をし、その後アジア、ヨーロッパを回る。2007年よりミラノ在住。イタリア・ミラノのガイド・観光情報サイト「アーモミラノ」責任者。取材、コーディネート、通訳兼アテンドなども承っています。

公式HP
アーモミラノ(ミラノ情報サイト)
本ブログ、サイトともフリーリンクです。



E-mail:tatsunon314159@yahoo.co.jp
twitter:@tatsupao



ミラノ現地情報満載「アーモミラノ」



最新記事



カテゴリ



出版書籍kindle版(小説)



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア

ジモモ ミラノ



RSSリンクの表示



QRコード

QRコード



ヴェネツィア・カルネバーレ
DSC_0066+-+繧ウ繝斐・_convert_20120216064140
DSC_0052_convert_20120216063603.jpg


ヴェネツィア映画祭 2010
繝エ繧ァ繝阪ヤ繧」繧「譏?逕サ逾ュ縲?・廟convert_20100908230158

 まあ、こんな感じでした。

 繝エ繧ァ繝阪ヤ繧」繧「譏?逕サ逾ュ縲?・点convert_20100908230130


 繝エ繧ァ繝阪ヤ繧」繧「譏?逕サ逾ュ縲?・農convert_20100908230147

 繝エ繧ァ繝阪ヤ繧」繧「譏?逕サ逾ュ縲?・棒convert_20100908231140

 繝エ繧ァ繝阪ヤ繧」繧「譏?逕サ逾ュ縲?・誉convert_20100908231151

 会場に入る時にタキシードを着た中国人に話しかけられた。ずいぶん厳重な警備を抜けた後で。
 「昨日、会ったよね?僕のこと覚えてる?」と。
 「いや、たぶん違うと思うけど、今日ヴェネツィアに着いたんだ」と僕は英語で答えた。
 「昨日、ミラノにいたよね?中央駅に」
 「ああ、ミラノ。ミラノならいたよ」と僕は答えた。
 横にはこれぞ映画スターという雰囲気のドレスを着た女の子がいた。まあ、なんというか、神々しいオーラのようなものを纏って。

  上演が終わったあとで、また彼のことを見つけた。
 「明日さ、僕らの映画の上映があるんだけど…」と言われた。
 「あ、僕忙しいからね」と断った。
 握手をして名前を聞いたけど、忘れた。

  だれなんだろう?


 繝エ繧ァ繝阪ヤ繧」繧「譏?逕サ逾ュ縲?・論convert_20100908231201

  

真夜中のヴェネツィア


 まあ、こんな感じです

DSC_0129_convert_20100905073333.jpg



 DSC_0156_convert_20100905073422.jpg

DSC_0161_convert_20100905075851.jpg



 DSC_0168_convert_20100905073447.jpg

 DSC_0171_convert_20100905073650.jpg

 DSC_0180_convert_20100905073708.jpg

 DSC_0186_convert_20100905073735.jpg

 DSC_0189_convert_20100905073743.jpg


ヴェローナでの野外オペラ「アイーダ」

 先日ヴェローナの野外オペラを見に行ってきました。
 夏の間はミラノのスカラ座が休みのこともあり、さらにヴェローナでのオペラは一度は見てみたいと思っていたので、まあ、4年目にしてやっとという感じです。
 DSC_0023_convert_20100828073643.jpg
 なんだかパリのような風景ですがヴェローナです。位置的にはちょうどミラノとヴェネツィアの間ぐらいです。
 夏にオペラが開催されるということで有名ですが、ゆったりとした雰囲気が贅沢でとてもすてきな街です。
 シェイク・スピアが「ロミオとジュリエット」の舞台のモチーフにしたということでも知られ、ハネムーンなどには良いところでもあります。
 DSC_0013_convert_20100828073627.jpg
 ジュリエットです。この上には、おおロミオ、ああ、ジュリエットという場面のバルコニーがありますが、ドイツのどこかにも同じような場所があるとされていて真相のほどはわかりません。ちなみにこの像の右の乳房にさわると幸せな結婚ができるという話があり、多くの人に触られてかなり色あせています。
 名前を書いた南京錠をヴェローナのある橋に結ぶとさらに夫婦の結束が固まるとのこと。ちなみに僕は4年ほど前、ハネムーンのような感じでヴェローナに行ったことがありますが、乳房にも触らなかったし、南京錠もしませんでした。まあ、その結果ということなのかもしれません。さておき、
 DSC_0056_convert_20100828073908.jpg
 アイーダです。チケットは当日に現地にて買いました。空いている席もあったので、早めにいけば買えるとは聞いていたのですが、まだ席には余裕がありそうでした。
 DSC_0062_convert_20100828073931.jpg
 アイーダですねえ。
DSC_0069_convert_20100828073955.jpg
 ふざけているようですが、オペラ「アイーダ」です。

 僕にとって音楽というのは今のところ個人的な趣味の範囲で残しておきたいものなので、あまりいろんなことは書きません。
 DSC_0119_convert_20100828074137.jpg
 まあ、楽しかったです。
 また来年、機会があれば。