イタリア-ミラノ在住のフリーライター "佐武 辰之佑"のブログ
イタリア-ミラノ在住のフリーライター "佐武 辰之佑"のブログ
プロフィール

佐武 辰之佑(さたけ たつのすけ)

Author:佐武 辰之佑(さたけ たつのすけ)
1976年生まれ。富山県高岡市出身。小説家、フリーライター、フォトグラファー。
大学卒業後、各国を放浪しながら執筆活動を続ける。オーストラリアをバイクで4万キロの旅をし、その後アジア、ヨーロッパを回る。2007年よりミラノ在住。イタリア・ミラノのガイド・観光情報サイト「アーモミラノ」責任者。取材、コーディネート、通訳兼アテンドなども承っています。

公式HP
アーモミラノ(ミラノ情報サイト)
本ブログ、サイトともフリーリンクです。



E-mail:tatsunon314159@yahoo.co.jp
twitter:@tatsupao



ミラノ現地情報満載「アーモミラノ」



最新記事



出版書籍kindle版(小説)



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



フリーエリア

ジモモ ミラノ



QRコード

QRコード



猛暑の中のエキスポ

 去年の冷夏に比べると、今年は嘘のように猛暑が続いているミラノ。パスタを茹でるのがしんどいぐらいの暑さです。
 ミラノエキスポは7月11日にジャパンデーを迎え当座の盛り上がりを迎えたようですが、現地開催国のイタリア・パヴィリオンに次いで人気といわれる日本館に娘と行ってきました。 世界初の食がテーマのエキスポということで巨大なインターナショナルレストランみたいなものを想像していたのですが、レストランが併設してあるパヴィリオンは全体の6分の1?程度のようです。
 日本館の観覧時間は約50分と長め。そのせいもあり入場時にも並びますが、個人的には一番感動したパヴィリオン。やはり自分のなかに流れている血は、日本のものなのだと体感させてくれたパヴィリオンでした。
STK_7561_R.jpg
 食、文化、技術開発などの展示の最後にあるのが体験型「フューチャーレストラン」。40度近くあるとても暑い日でしたが、娘も気に入ったようで2回来場しました。イタリア館は僕は初日に来場しましたが、娘は猛暑のなかに延々と連なる行列に入場拒否。現在エキスポの入場料は39ユーロですが、夕方7時過ぎからは5ユーロになるようで、涼しくなってからの来場も多いよう。
STK_7510_R.jpg
 日本館にはレストランも併設しており、娘は天丼を注文・・・、エビ天ぐらいしか食べず、戻って来てモスバーガーのフライドポテト、鳥のから揚げも食べました。
STK_7511_R.jpg
 僕はココ一番のカレー。なかなか娘を連れて日本に行くのは難しいのですが、こっちに住む側のからすると日本の雰囲気が楽しめてとても良い思い出となりました。

ミラノエキスポ2015の説明会

 先週プレス向けにミラノエキスポ2015の説明会が開催されたので行ってきました。
 スフォルツェスコ城の前には「エキスポゲート」と呼ばれるインフォポイントが建設され、こちらで説明会が実地されました。
 ミラノ・エキスポに関して地元では汚職事件のニュースが流れたこともあり、賛否両論が続いています。ミラノエキスポのテーマは「食とエネルギー」。2012年の当時では16億ユーロの公共事業費が予定されていましたが、現在の予定では13億ユーロとなり、いずれにせよ莫大な予算が投資されています。
 STK_2490.jpg
 エキスポ会場は郊外の新展示会場RHOFieraに併設して建設されています。工事は少し遅れ気味とのことですが、5月1日の開催に向け着々と工事は進められているとのこと。144カ国が参加する世界一の国際巨大レストランを目標に100万平方メートルの会場を新設し、約2000万人の来場を見込んでいます。現在では前売り券もネットなどで販売され、720万が完売しているとのこと。各国のパビリオンイメージなども公開されました。
 またエキスポにあたり景気の回復や深刻な問題となっている若者の失業率の向上、イタリア全土の観光促進など目標も掲げられていますが、スローフード協会提携のイータリーのレストラン展開やチョコレート専門パビリオンの建設などイタリアの食文化を広く発信してゆく目的が中心にあるようです。
 エキスポは朝10時から夜22時まで、クッキングショーやミラノならではのアぺリティーボを楽しめるイベントは毎日開催されるそうですが、随時各イベントも開催されるとのことで、先々の期待が高まっています。
 またエキスポ大使としてサッカー選手のブッフォンやジョルジオアルマーニ氏が挙げられています。アルマーニは創立40周年を迎えるとのことで、前夜祭では特別イベントも開催されるとのこと。
 イタリアでは展示会などがあるときにはホテルなどの宿泊料金が上がるのですが、エキスポの時には4,5倍になるかもしれないと聞いていました。ネットで調べてみた限りでは今のところそれほどでも、という感じですがユーロ高が続く厳しい状況のなか果たして日本からは大勢の人が訪れるのでしょうか?
 STK_2502.jpg
 僕も入場券をゲット。隣にいるのはエキスポの公式マスコットキャラクターとのことですが・・・、うーん、日本人からすると、どうでしょうね・・・。

ミラノエキスポ2015に向けて深まる秋
STK_2354.jpg
  最近ミラノでは来年のエキスポに向け、いろいろな場所で修復工事が進んでいる。スカラ座前のダヴィンチ像は広告に囲まれしばらくその姿が見れない様子。

ずいぶんと肌寒くなり、秋が深まって今日でサマータイムが終わった。
 家にある時計をすべて一時間戻す作業をする日。損することになるのか、得することになるのか、イタリアにいる僕はこの一時間違いの世界へ突入することになる。ほんの少しタイミングが違うだけで噛み合わなかったもの、ほんの少し遅かったか、早かったかの違いで何か失われたもの。そうゆうものがあるとして、今度は上手くゆくように願ってみる。

 すれ違う言葉、早すぎた決断。
 そういった拡散した可能性がこの宇宙のどこかを漂っているとすれば、この一時間の間にどれぐらいそれを埋められるだろう。
  そんなことを考えているうちに秋はさらに更けてゆく。

 ミラノのガッレリアも修復中。そして、あの炭酸水!