スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラノ中心地で開催中「レオナルドの世界」

 STK_3607.jpg
 ミラノではここ2,3日急に冷え込み、過ごしやすい秋が急速に遠のいてゆくように思えます。

 現在ミラノの中心地スカラ座広場、ガッレリア入口にて「レオナルドの世界」(Il mondo di Leonardo)と題するイベントが開催されています。何百年経ってもレオナルドと言えば人が集まるわけですから、相変わらずすごいもんです。入口にはレオナルドファンにはたまらないグッズなども販売。
 STK_3614.jpg
 レオナルド・ダ・ヴィンチは当時土木機器や戦闘道具などいろいろな案をスケッチに残していました。それらの直筆のスケッチなども展示されていますが、今回の企画ではスケッチを元に実際に組み立てたものが展示されています。こうしたものはダヴィンチ博物館にも展示されていますが、今回の展示物にはひとつひとつの作品にタッチパネルによる説明が付いていて、3D構造、仕組みなどがわかるようになっています。まあ、レオナルドのおもちゃみたいなものなので、子供連れの人を良く見かけました。
 STK_3615.jpg
 やっぱりレオナルドと言えばミラノの宝「最後の晩餐」が有名です。こちらでは描かれた当時はこんなに鮮やかだったであろう初期の姿が復元され、タッチパネルによって独特の遠近法の描かれ方、各聖人の説明、2次大戦に破損した姿など時代ごとに説明がされてゆきます。これはなかなかおもしろかったですが、この写真の反対側には「モナリザ」の絵のタッチパネル説明もありました。ただ説明のディスプレイには英語かイタリア語しかないので、どちらかの言葉がわからないと…、あんまり面白くないかも。だったらダヴィンチ博物館のほうが個人的には見ごたえはあるかと思います。
 
レオナルドの世界(Il mondo di Leonardo) 2014年2月28日まで開催
住所:Piazza della scala
時間:10:00-23:00(毎日)
入場料:12ユーロ
HP:www.leonardo3.net

Comment - 0

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。