スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バローロ近辺のおすすめレストラン「Trattoria della Posta」


 今回はワインの話ではありませんが、バローロ方面のお勧めレストランの紹介です。
 イタリア・ピエモンテ州はフランスに近いこともあってか大味なイタリアンに繊細なフレンチの印象が交じってとても料理の質が高いように思えます。ミラノに比べると全体的に価格は安く、こんなお店がミラノにあれば大繁盛だろうなと思うレストランがいくつもありますが、やはり田舎だからなのでしょうね。
 今回はあるワイナリーの人に教えてもらった地元の名店「Trattoria della Posta」。こちらは親子3代続く地元では隠れ家的名店レストランで、ピエモンテのレストランは何件か行ったことがありますが味付けの品の良さといい頭ひとつ、ふたつぐらい抜けてお勧めです。以下はピエモンテ伝統料理のランチメニュー45ユーロ(席料、サービス料込)。暖かい時はガーデンを利用して外で食事しますが、店内の席もありました。
 STK_2470.jpg
 こちらは家庭菜園の野菜を利用したサラダ。小さいですが、ん、と食べた瞬間にこのレストランの品格の高さがうかがえる一品でした。
 STK_2475.jpg
 ピエモンテ州というとやはり肉類が多いです。こちらは生肉でしたが、まわりにちりばめられたマスタード、胡椒、チーズなどと合わせながら頂きます。なんとも独創的でおいしい一品でした。
 STK_2478.jpg
 ローストビーフです。イタリアンは主に塩コショウとオリーブオイルなどシンプルな味付けで食べるのが一般的ですが、ここではマスタードを使用したソースのようなものが小さなお花と一緒に付けくわえられていました。こうした飾り付けもセンスの良さが伺えます。
 STK_2480.jpg
 僕がこのお店で一番気に入った料理。こうして玉ねぎの形のままでてきますが、中にはソーセジ(サルシッチャ)、ポテトとクリームソースをあえたものが詰まっています。少し食べにくいということはありますが、こちらの味付けもなんとも上品。それにこうした独創的な一品はミラノでは見たことがありませんでした。
 STK_2485.jpg
 こちらはタヤリン(tajarin)というピエモンテ地方の代表的なパスタです。このタヤリンというパスタには卵が入っているのが特徴ですが、僕は伸びたカップラーメンの麺という印象をいつも受けてしまいます…。まあ、味は好みですからね。とりあえずこのパスタ・ラグーにはうさぎの肉が使われていましたが、こちらの地方ではうさぎを良く食べることでも有名です。
 STK_2487.jpg
 最後のメインは子牛のバローロ煮込み。
 STK_2489.jpg
 こちらはデザートの「パンナコッタ」、これの前に親指ほどの大きさの一口ティラミスもでてきました。このお店はサービスも非常にいいですし、こうした田舎でスローフードを楽しむのは本当に贅沢なひと時。円安も進んでいるので45ユーロというと、ちょっと、という感じになるかもしれませんがこの味なら大満足かと思います。ミラノでこの質のレストランだったら最低でも倍以上の値段になるでしょう。
 サービスはゆっくりめで食事時間は最低2時間ほどかかります。こちらの地方にいったらぜひ足を運んでみてください。
STK_2465.jpg
Trattoria della posta
住所:Loc.s.anna 87 Monforte D`alba(CUNEO)
毎週木曜 金曜昼 休み
Tel:017378120 cell:3337537950
HP:www.trattoriadellaposta.it

Comment - 0

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。