ミラノサローネ 2017 (3)「注目される日本ブースと行列文化」

nendo.jpg
 今年の展示で大きな話題を呼んだひとつに「nendo」が挙げられます。
今回の展示はファッションブランドの「JIL SANDER」とコラボレーション、 “nendo : invisible outlilnes”と題しミラノのスフォルツェスコ城前に長い行列を作っていました。「nendo」は日本のデザインユニットとして世界的にもかなり有名で、独特なシンプルな深みのある作風にはファンも多いようです。展示の内容は素晴らしいものでしたが、これを見るのに1時間強並びました。
STK_8511.jpg
 今年のフォーリサローネではブレラ地区が一番活気があったように思います。ミラノを代表する美術館、ブレラ美術館を利用してパナソニックが展示をしていました。これを見るのにも1時間ほど並ばなくてはいけなかったのですが、そんな折2年前に開催されたミラノエキスポのことを思い出しました。日本館は数あるパヴィリオンの中でも最優秀賞を受賞したとのことでしたが、最大で8時間ほど並ばなくてはいけない時もあったそうです。ふと、日本人って行列を作るということに長けた国民なのかもしれないと思わずにはいられない出来事でした。
STK_8482.jpg
 パナソニックは「Electronics Meets Crafts」をテーマに2部構成のインスタレーションを展開。第一会場は先端の映像・音響・照明を利用したダイナミックな空間体験。
STK_8489.jpg
 第二会場は普段でもなかなか入ることのできない美術館の地下を利用した展示。日本の伝統の技と先端技術が融合する「GO ON」というユニットの作品が展示されていました。一直線の長いテーブルに作品を並べたかったということですが、地下の歴史的な暗闇に佇む間接照明はとても生き生きと美しく見え、パナソニックの展示もかなりの好評を博したようです。

Comment 0

Leave a comment