ジェノバ水族館


 連日暑い日が続いているミラノですが、夏の思い出に娘と水族館に出かけました。
ジェノバ水族館まではミラノから電車で1時間半ほど、ヨーロッパ最大級の水族館と聞いていたので張り切っていってきました。
 暑い夏には水族館に行く、というのは世界共通のようで随分と賑わっていました。
STK_0592 (2)
 ジェノバ水族館は70プールあるとされ、世界中の魚たちを見ることができます。かつて人魚に間違えられたと言われる「マナティー」もいて、ゆったり泳ぐ愛らしい姿が夏の暑さを忘れさせてくれました。
STK_0650 (2)
 ここではウミガメも人気者。水族館はゆっくり歩くと1時間ほどかかり、ヨーロッパ最大級とは聞いていましたが・・・、正直日本の水族館のほうが迫力があり見ごたえもありますね。
STK_0659 (2)
 クラシック音楽が流れる幻想的なイルカのプールが人気のスポットのようでした。
STK_0615 (2)
 特にイルカショーというのはなかったですが、1時間おきぐらいに餌をやりにイルカおねえさん達が現れ、そのときに簡単な芸を披露。娘はイルカが特に気に入ったらしく、わざわざ行ったかいはありました。入場料は大人25ユーロ、子供17ユーロ、とこの内容では少し高いかもとは思いますが、良い夏の思い出になりました。

Comment 0

Leave a comment